川遊びでのアブ対策、発生しやすい時期と避けるべき服装

目安時間 5分


暖かくなってきてアウトドア関係の遊びが楽しくなってくる季節がやってきましたね

楽しいレジャーシーズンの到来ですが自然の中で遊ぶと虫刺されがちょっと心配ですよね

特に川辺などで遊ぶ場合、アブなどの虫に集団で襲われることもあるので注意が必要です

アブの習性を理解した上で避けた方がよい行動や時期、アブが嫌がるものをまとめて紹介します

スポンサーリンク
  

川遊びの時のアブ対策

水辺でのレジャーはどうしても薄着になりやすく、虫除けスプレーなどは水で流されてしまったりと意外と対策しにくい場所になります

こういう時はアブが近づきにくいように天敵の力を借りればいいのです!

・アブの天敵はオニヤンマ

オニヤンマに模したものを身に着けておくことでアブが近づきにくくなるようです

調べてみたらオニヤンマのアクセサリーとかストラップとか色々ありましたw

帽子などにオニヤンマのアクセサリーを付けておけば見た目もかわいいですよ!

ちなみに工事現場などで使うトラ柄のロープを10cm程度の大きさに切ってピアノ線で吊るしておくとオニヤンマと勘違いして近寄らないようですよ

※補足
実はアブは生き物の呼吸によって出る二酸化炭素に反応して獲物の位置を把握しています

車の排ガスなどにも反応して集まってくる可能性があります

人間の呼吸なんて比べものにならないほどの二酸化炭素量ですし、大型の獲物がやってきたと感じるみたいです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

アブが多い所に車で行くと次々と体当たりしてくるので恐ろしいですよ・・

アブが発生しやすい時期

一言にアブと言っても非常にたくさんの種類がいますが、どの種類のアブも活動のピークは夏場であり、早い所では5~6月ごろから活動し始めてお盆が終わるころぐらいまでがピークと言われています

スポンサーリンク

また、アブの好む気温として18~30℃であり、35℃を超えるような猛暑日では活動が鈍るようです

気温の上がりきっていない午前中や陽のかげってきた夕方は最も活動的になり襲い掛かってくるので注意が必要です

アブ対策用の服装は?

川辺での遊びはどうしても露出が多くなり、アブに刺されやすくなりますので注意が必要です

できるだけアブに狙われないためにも避けたほうが良い服装などを紹介しますね

アブは黒や赤い色、光っているものなどが大好きです

これは本来アブが狙う家畜(牛)が黒いということ、血は赤い色をしているので獲物と勘違いして襲い掛かってきます

また虫は明るいものへ向かって飛んでいく習性があるためアクセサリーなども危険です

出かける際には黒い服装は避けて、アクセサリーなど光るものは持っていかないほうがいいでしょう

ただし、日本人は髪の色が黒なのでそのままでもアブに狙われやすいです

最近は染めてる人も多いですがやはり髪の毛までどうこうするというのは厳しいと思います

そこで有効なのは帽子を被ることです

色の薄い帽子を被れば熱中症対策も兼ねますのでおすすめですよ

まとめ

アブは非常に獰猛な虫で積極的に血を求めて襲ってきます

特に生息区域の水辺では集団で襲われることもよくあります

アブの対策として肌を露出させない、虫除けスプレーなどがありますが、水辺では中々実行できないことも多いので天敵となるオニヤンマの力を借りてみるのも手かもしれません

アブは二酸化炭素に反応して集まってくるので車のエンジンは必ず切る

アブが好む黒い服などは避け、アクセサリーなど光るものは身に着けないでおきましょう

また、アブの活動のピークはお盆を過ぎると極端に低下します

どうしても虫が嫌な場合は時期をずらすなどもいいかもしれませんね

スポンサーリンク

        0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報