カメムシが家に侵入どこから入ってくる?防ぐ方法は?原因は?

目安時間 7分

カメムシが大量発生するシーズンになると家の中までカメムシが侵入してきて大変ですよね

 

特に田舎暮らしだと被害が甚大

 

部屋の中に入ってこられると大迷惑なので家中閉め切っていても必ずどこからか侵入してきます

 

一体どこからカメムシは侵入してくるのでしょうか?

 

カメムシの侵入経路と防ぎ方をまとめました

スポンサーリンク

カメムシが家に侵入どこから入ってくる?

カメムシの大繁殖するシーズンに入るといつの間にか家の中にカメムシが・・

 

ガムテープでぺたっとくっつけてゴミ箱へ捨てますが振り替えるとまたカメムシが・・

 

次から次へとカメムシが入ってきて本当にきりがないですよね(-ω-;)ウーン

 

部屋は閉め切って家から移動もしていないのに一体奴らはどこから入ってくるのか?

 

カメムシの侵入経路

換気扇、給排気口、エアコン周り、窓のアルミサッシ、天井裏、床下

 

カメムシの侵入してきそうな経路は家の至る所にあります

 

何故そんなにあるのかというと

 

カメムシは2mm程度の隙間があれば侵入することができます

 

一見隙間のないように見えても人間の住宅というものは案外隙間だらけです

 

特に玄関や窓などはカメムシが最も侵入してくる場所です

 

一見隙間がないように見えますが窓はガラスとサッシの間に僅かですが隙間があります

 

カメムシはこの僅かな隙間でも侵入することができますので注意が必要です

 

また建物が木材の場合、環境によって木が膨張や収縮などを繰り返すため天井や床下などに僅かに隙間ができることがあります

 

そのためカメムシの侵入経路は一つではありません

 

思わぬ所から侵入していたりするので侵入経路の特定は困難を極めます

カメムシの侵入を防ぐ

まず初めに結論から言いますと

 

「カメムシの侵入を完全に防ぐことは不可能です」

 

恐らく彼ら?が本気を出せば侵入できない家は存在しないでしょう

 

ですが、完全に防ぐことは出来なくても侵入しづらくすることはできます

 

家の板材に僅かでも隙間があればコーキング剤などのパテで埋めてしまう

 

換気扇などは虫の侵入経路になりやすいのでフィルターなどを取り付けておく

 

窓は最もカメムシが侵入してくる経路になりますので窓とアルミサッシの隙間にテープを張るなどの対策が必要です

(カメムシは光に集まる習性があるため窓ガラスには集まりやすい)

 

隙間テープを張る事でカメムシ以外にも小さな虫の侵入を防げるし、防音、断熱対策にもなります

 

ドア 窓用 隙間テープ 防風 防音 防水 防埃 ホワイト 毛足 5M 隙間対策 【送料無料】mmk-j73

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

隙間テープを張る際には貼る前に必ず掃除をしておきましょう

 

接着面にホコリが付くと粘着力が弱くなってしまいテープが剥がれてしまう恐れがあります

 

中性洗剤などを使ってある程度綺麗に掃除したら最後に乾拭きをして水気をよく拭きとっておきましょう

 

窓ガラスにうつるカメムシが不快と感じるならば同時に忌避剤を吹きかけておくとより効果があると思います

 

カメムシが家に侵入する原因は

先ほど述べたようにカメムシには光に集まるという習性があります

 

夜間、住宅の窓から漏れる光に引き寄せられて集まってきます

 

そのため光の多い都会よりも田舎の方がカメムシが集まりやすく被害は深刻かもしれません

 

また、暖かい所が好きな虫なので人間の住処はカメムシにとってはまさに最高の環境

 

こればかりは最早どうにもできません

 

これらの原因を排除するには人間も出ていくしかありません(-ω-;)ウーン

 

カメムシが人間の住宅に集まるのは仕方がないことなのでいかにして侵入させないのかが大切になります

カメムシが家に侵入まとめ

人間が生活している以上、カメムシの集まる原因を排除するのは難しいかと思われます

 

カメムシの侵入を完全に排除することは不可能ですが、家の隙間をできるだけふさぐことで侵入しづらくすることは可能です

 

▼もしもカメムシの臭いが付いてしまったら落とす方法があります▼

スポンサーリンク

       0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報