お仕事

コンビニの多店舗経営のメリットとリスクは?オーナーを引き継ぎする場合の注意点

目安時間 9分

 

コンビニ経営がある程度軌道に乗り始めてきて経営がうまく行きだすと稀にフランチャイズ本部の方から複数店の経営をしてみないか?という提案をされることがあります

 

フランチャイズ本部から自分の経営手腕を認めてもらった証拠となるので大変喜ばしいことですが、複数店舗を経営するにあたってメリットとデメリットは何でしょうか?

 

また、別のオーナーさんから店舗を引き継ぐ場合に注意しないといけないことはなんでしょうか?

スポンサーリンク

コンビニの多店舗経営のメリットは?

 

複数店舗の経営ですが、まず単純に複数店持つことによって収益が増えます

 

単純に売り上げを上げる事ができる店舗が2つに増えるわけですから今よりも利益を生み出しやすくなります

 

ですが、私が考えるに複数店のコンビニ経営最大のメリットはリスクの分散にあります

 

お店を経営する以上景気が良い時ばかりではありません

 

現在人通りの多い場所に店舗を構えていても近くでもっと大きな道路が出来てしまえばお客さんの流れはそちらに流れてしまいます

 

現在華やかな繁華街で経営していたとしてもその場所がいつまでも賑わっているとは限りません

 

立地条件というものは常に変化し続けるものなのでこの先もずっとその店舗で稼げるという保証はどこにもありません

 

また、現在の店舗のすぐ近くにコンビニが出来てしまえば収益は大幅に下がってしまいますので

 

そういう意味では複数店運営していた方が被害が少ない+収益が多くなります

 

現に私が以前働いていたコンビニのオーナーは3店舗経営でしたが、複数店舗経営によって被害は大分抑えられたようです

 

元々田舎のためコンビニ自体が多くなく、ライバルが少なかったのですが数年前に業界最王手のセブンイレブンが大量に出店するという事件が起きました

 

大量出店をされたことにより1号店と3号店のすぐ近くにコンビニが乱立

 

セブンイレブンが来るとのことで他チェーンも出店をし始め一気にコンビニ激戦区になってしまいましたが、2号店のみ隣の市だったということもありほとんど被害を受けずに持ちこたえたという事がありました

 

メリットその2 お互いにフォローできる

複数店経営のメリットとして困った時にお互いにフォローしやすいという利点があります

 

コンビニ経営をしている方なら経験があると思いますが、発注する際の手違いでお弁当やおにぎりが入ってこないなど致命的なミスをすることがありますよね

 

逆にボタンを押し間違えたりロット数の見間違いで思った以上に大量に商品が届いてしまうなどのミスをした際にお互いに分け合うなどフォローがしやすくなります

 

同じチェーンといえども他店舗はそれぞれ独立したオーナーさんですから1店舗経営ですとこうはいきません

 

また、たばこのカートン買いなど1つの商品がまとめて売れてしまった時にも他店舗から取り寄せるなど売り逃しを防ぐことにも非常に役に立ちます

コンビニの多店舗経営のリスク

スポンサーリンク

 

逆にコンビニの複数店経営におけるデメリットですが、やはり最大の問題は「人材確保」でしょう

 

昨今のコンビニ業界の現状は大変厳しいものです

 

休みがない、給料が安い、仕事が多すぎるなどの理由で学生や主婦によるパート、フリーターなどのアルバイト人材が集まりにくい

 

しかし、24時間営業のため常に人材は必要

 

人材が足りない場合、オーナーさんが出ることになると思いますがそれにも限度があります

 

コンビニ経営は夫婦で行うことが多いため、人が足りない場合や人件費を浮かせるために空いている場所を二人で埋めていくことが多いと思います

 

ですが複数店の場合それすら厳しくなります

 

2店舗以上ですとより人材不足は深刻になり、何度か物理的にシフトを組むことが不可能な状況に陥ったことがあります

 

私がいた場所では法人化されていましたので他にも何人か社員の方がいたので無理やり出勤して何とかしましたが普通の家族経営の方では非常に厳しいかと思われます

 

最悪本部に有料で応援を頼むという手もありますが、実際にはフランチャイズ本社の方も人手が足りておらず、よほどの事情が無い限り手を貸してくれることはありません

 

複数店舗を経営したい場合には、自分達以外にもお店を任せられるスタッフを育てることが必須となってきます

 

こういったスタッフはすぐに作れるものではないですから、現在1店舗経営をしている方で複数店舗出店を目指している方はまず自店舗で力のある人材を育てることが必要です

コンビニオーナーを引き継ぎする場合

 

複数店経営をする際、以前働いていたオーナーさんが契約満了のため引き継ぐというパターンがあります

 

このようなパターンの場合もメリットとデメリットがありますのでよく考えてから決めてください

 

オーナーを引き継ぐメリット

まずオーナーを引き継ぐ際のメリットですが、すでに完成されているので利益を予測しやすいという利点があります

 

今現在も営業されているお店なのでお客さんの客層や量、どういった傾向があるのか?スタッフを集める手間が省けるなどがあります

 

お店の売り上げなどは個人情報のため教えては貰えないでしょうが、実際に店舗は営業していますから自分で視察などを行うことである程度の現状を予測することができます

 

同時にスタッフの質も見ることができるのでオーナー店の引き継ぎをする場合には事前に一度視察に行ったほうが良いかと思われます

オーナーを引き継ぐデメリット

すでにある店舗を引き継ぐ際のデメリットですが、これは先ほどのメリット同様すでに完成されているということが引っかかってきます

 

良くも悪くもお店のスタッフやお客さんも前のオーナーの方針が染みついています

 

そのため自分勝手に判断したり勝手な行動を取ったりなど中々自分色に染まってくれません

 

自分のやり方でやりたくても「前はああだった」などの揉め事が非常に多いです

 

考え方を変えさせるのは一からスタッフを育てるよりも大変な場合も多く、オーナー店を引き継ぐ際には全員スタッフを入れ替えたという店舗も多いようです

コンビニの複数店経営まとめ

コンビニの複数店舗経営は単純に利益を増やすだけでなくお互いにフォローし合えるのが最大の魅力です

 

ただし、今まで以上に人材不足に陥りやすくシフトを回していけない可能性が常に付きまといます

 

複数店出店を考慮する場合、まずは現在の店舗で力のあるスタッフを作り店を任せられるような人材を作る事が必須です

 

既にある店舗を引き継ぐ場合にも様々なメリットデメリットがありますのでよく考えた上で実行することをお勧めします

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報