遊び

スケート靴のレンタル、フィギュアとホッケー違いは?くるぶしが痛い時の対策は?

目安時間 7分


初めてスケートする人にとってはレンタルで靴を借りるだけでもどれを選べばよいのか迷うと思います

 

靴のサイズはどのくらいがいいの?アイスホッケー用とフィギュアスケート用のスケート靴は何が違うの?

 

靴選びを間違えると氷の上に立った時に安定しづらく危ないです

 

氷の上で転ばないように靴選びのポイントを押さえて正しい靴の履き方をして安全に滑りましょう

スポンサーリンク

スケート靴のレンタルの選び方

まず初めに、正直スケート靴はレンタルするものじゃないです(ぇ

 

しょっぱなから爆弾発言ですが、貸靴は不特定多数の人が借りている物なので色んな人のクセが靴に残っており、すごく滑りにくいです

 

本格的に始めるならばやはりマイシューズは必須ですが、年に何回か遊ぶ程度だと金銭的にもやはりレンタルシューズになってしまいますよね・・・

 

というわけで滑りにくいのは百も承知でレンタルでスケート靴を借りる時に抑えておくポイントをまとめました!

 

スケート靴はジャストサイズの物を選びましょう

スケート靴のサイズは普段履いている靴と同じ、もしくはワンサイズ小さいものが良いと思います

 

何故ワンサイズ小さいものなのかというと、普段履いている運動靴って割と余裕を持って少し大きいサイズの靴を履いていますよね

 

長時間履くものですからあんまりきついものは足が痛くなりますし実際のサイズよりも少し大きいサイズの人が多いと思います(私の勘違いだったらすいません)

 

履いてみて少し窮屈なくらいがちょうどよいです

 

履いてみて痛くないけどつま先が動かないくらいがジャストサイズです

 

多少余裕があったりつま先が動いてしまうようだとバランスが取りづらく、ふらついてこけやすいです

スケート靴のフィギュア用とホッケー用の違いは?

受付でレンタルをしようとすると大体のスケートリンクにはアイスホッケー用のシューズとフィギュアスケート用のシューズの2種類があります(フィギュアだけって所も多いけど)

 

初心者でいきなりフィギュア用とホッケー用のどっちがいい?と言われても何の違いがあるか全然分からないですよねw

 

それぞれのシューズの特徴をまとめましたのでどうぞ!

フィギュアスケート用のシューズの特徴

アイススケートの貸し靴のほとんどはフィギュアスケート用の靴になります

 

フィギュアスケート用のシューズの最大の特徴はシューズの先端(つま先部分)にトウと呼ばれるギザギザが付いていることです

 

フィギュアスケートでジャンプをする時にこのトウを使うのですが、初めてスケートをやる人だとこのトウがひっかかってよくコケますw

 

スケート靴にも色々な種類がありますがフィギュア用のスケート靴はブレード(刃の部分)がぶ厚いのが特徴

 

氷の上でもバランスが取りやすく安定性があります

 

小回りもきいて滑りやすく、氷上を綺麗に美しく滑ることができるのが特徴です

スポンサーリンク

 

また、ホッケー靴と比べるとシューズが柔らかい

まとめ

★ブレードがぶ厚いので安定しやすい

★小回りがきく

★ブーツが柔らかい

アイスホッケー用のシューズの特徴

アイスホッケーときくと全身鎧に包んだような防具で非常に荒々しいイメージが沸くとおもいます

 

そのイメージ通り、氷上の上でも非常に力強い滑りをすることができるのが特徴です

 

フィギュア用よりも更に小回りが利きやすく、素早い方向転換などが可能です

 

スケートリンクを思いっきり駆け回りたい場合に向いています

 

また、非常に激しいスポーツなのでシューズ自体も非常に丈夫に作られています

 

半面フィギュアと比べるとブレードが短く、安定性がかけるので転びやすいです

 

スピードもフィギュアと比べると出やすいのでスケートをやったことがない人だと怖いかもしれません

 

また、止まる時には両足を横に向けてブレーキをかけるので慣れていないと難しいかと思います

まとめ

★フィギュアよりもさらに小回りがきく

★スピードが出やすい

★丈夫

★安定性に欠ける

スケート靴でくるぶしが痛い時の対策

スケートを初めてやる人は靴の締め付けに慣れていなくて足が痛くなることがよくあります

 

特にレンタル品のシューズは自分の足に合わないと赤くなったり、我慢できないほどの痛みを覚えることもあります

 

痛くなったら靴があっていないのでサイズを変えるなり、一度靴を脱いで休み休み滑りましょう

 

また、スケート靴を履く前に長めの厚めの靴下を履いたり、負担のかかるくるぶし辺りに絆創膏を貼っておいたりすると負担が少なくなります

 

私は初めてスケートに行った時にくるぶしまでの短い靴下を履いてやっていたので足が真っ赤になるほど靴ずれをしてすごくいたかったです(´;ω;`)

まとめ

スケートシューズは多少きついくらいのサイズが丁度よいサイズです

 

シューズの中で足が動かないけれど、つま先が痛くならないものを選びましょう

 

レンタルできるシューズはホッケー用とフィギュア用がありますが、初めての初心者ならばフィギュア用の方が安定感があって滑りやすいかなと思います

 

あまり長時間滑ると靴擦れを起こすことがあるので無理の無い程度に休み休み楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報