健康

煮出しルイボスティーを作ってみた。簡単すぐできる抽出方法は?

目安時間 8分

 

アレルギーや花粉症に効果があると聞き、
ルイボスティーを飲み始めた所見事にはまってしまいました

 

 

 

ルイボスティーの美容成分は煮出すことによって溶けやすいらしく
煮出しが最も有効な飲み方らしいので早速試してみました

 

 

 

そのうちめんどくさくなってきたので簡単に作れるズボラな方法を模索

 

 

 

簡単かつ効果のあった飲み方をご紹介します

スポンサーリンク

煮出しルイボスティーを作ってみた

私は花粉症患者です

 

 

 

毎年花粉の飛ぶシーズンになると目が真っ赤になり
鼻水は止まらなくなり息苦しくて夜も眠れない

 

 

 

さらにアレルギー性の皮膚炎も持っているので
この時期は本当に地獄のような辛さなんです(;’∀’)

 

 

 

そんなわけでそろそろあの地獄のシーズンが

来るんだろうなぁと覚悟していた所、

 

 

 

ネットでルイボスティーが

花粉症に良いという記事があるじゃないですか!

 

 

 

 

何でもルイボスティーに含まれるフラボノイドが

活性酸素の働きを抑制してくれるので

免疫の過剰な反応を抑えてくれるのだとか

 

 

 

さらにいうとフラボノイドは煮出し抽出することで成分が溶けやすくなるらしいので

アレルギー、花粉症対策を目的とした場合「煮出し」が一番効果的なようです

 

 

 

これはもう煮出しルイボスティーを作るしかないよね!

ってことで早速挑戦してみました

 

 

 

煮出しルイボスティーの作り方

 

材料

茶葉:5g(ティーパック2つ分)
水:2L

 

ルイボスティーの茶葉の量は水1~2Lに対して
ルイボスティーの茶葉4~5g程度が目安です

 

 

 

今回私が使用したルイボスティーはコストコで買ってきた
有機ルイボスティーというやつです

 



 

ティーパック1袋につき2.5gの茶葉が入っているので
今回は2袋使用

 

 

 

やかんに火をかけて沸騰させたら火を弱め、
ルイボスティーのティーパックを入れて20分ほど煮込めば完成です

 

 

 

濃いめの味が好きな方は長時間煮出すことで成分が濃く抽出されますので
お好みで時間調整をしてくださいね

 

 

 

最後にそのまま暫く放置して荒熱が取れたら

スポンサーリンク

容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう

 

 

 

お茶のパックは入れたままでも良いそうですが
我が家ではティーパックを入れっぱなしにしてお茶が腐ったという
嫌な思い出があるので冷蔵庫に入れる前にティーパックは取り除いておきます

 

 

 

使い終わったティーパックは再度乾燥させてからお風呂の入浴剤に再利用

ルイボスティーを煮出すのがめんどくさい

最初のうちはお茶を煮出して冷蔵庫に保存してたんですけどね

 

 

 

めんどくさいんですよw

 

 

 

20分も30分も煮込んでおくのはめんどくさいですし
一人で飲んでいるので大量に作っても困るし
何よりまだ寒いので毎回ホットで飲みたい

 

 

 

そのうちめんどくさくなって
わざわざ煮出して作らなくなりました

 

 

 

ではどうしたかというと?

 

 

 

直接マグカップに入れて飲んでます

 

 

 

紅茶のティーパックみたいに直接お湯をかけて
3分間蒸らして終わりです

 

 

 

他のサイトさんのルイボスティーの作り方を見ると
紅茶のようにマグカップに直接入れる淹れかたは
成分が抽出されないのでNG

 

 

 

と紹介されていることが多いのですが
大して変わらないんじゃないか?というのが正直な感想です

 

 

 

煮出した方が味は濃いですが実際にはお湯に3分間漬けただけでも
十分に濃い味が出ています

 

 

 

気になるルイボスティーの成分の抽出ですが、
恐らく成分もちゃんと抽出されています

 

 

 

ルイボスティーを飲み始めてからというものの
花粉症の鼻づまりはまだ出てないですし(目はダメだった)
肌荒れが大分良くなった

 

 

 

この時期アレルギー性の皮膚炎や乾燥などで肌は爪でひっかいた後や
ざらざらの象のような皮膚になってしまうことが多いですが
症状が大分収まってきています(完璧ではない)

 

 

 

ついでに利尿作用のせいでトイレも止まらない

 

 

 

コップ一杯に対してティーパック1袋使っているので
それが原因かもしれませんが(笑

 

 

 

効果は個人によって差はあると思いますが

必ずしも煮出しをしないといけないわけではないので
めんどくさいのが嫌いな方は直接コップで抽出してしまうのもありかと思います

ルイボスティーの煮出し方まとめ

ルイボスティーは水1~2Lに対して4~5g程度の茶葉が必要です

 

 

 

ルイボスティーは抽出の時間が長いほど濃い味のお茶になります

 

 

 

やかんを沸騰させたら弱火にして好みに合わせて2~30分ほど煮出しましょう

 

 

 

めんどうな場合には直接コップで抽出しても十分に効果があると思います

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報