コーヒー

コーヒー焙煎機の種類ごとの違いを比較。手回しってどうなの?

目安時間 7分


最近は独自のこだわりを持った自家焙煎コーヒーを作る喫茶店も増えてきましたね

 

将来は自分でコーヒー豆を焙煎して売ってみたいと考えている人も多いかと思われますが、ここで必要になってくるのがやはり焙煎機の購入です

 

一口に焙煎機と言っても色々な種類がありますので種類ごとのメリットデメリットなどをまとめてみました

スポンサーリンク

コーヒー焙煎機の種類

自分だけのオリジナルコーヒーを焙煎する

コーヒー好きな人なら一度は憧れますよね

 

私も単純な憧れから始めた口ですが、一口にコーヒー焙煎機といっても色々な種類があることを初めてから知りました

コーヒー焙煎機は大まかな種類として

 

  • 直火式
  • 熱風式
  • 半熱風式

大きく分けてこの3つがあります

それぞれの焙煎機の特徴は以下の通りになります

 

直火式焙煎機

 

その名の通り豆の入ったドラムを直接バーナーで加熱する方法です

豆を入れる回転ドラムはメッシュ状になっており、穴が沢山あいています

ダイレクトに豆に熱が伝わるため豆の味がストレートに出やすく良くも悪くも素直に味に出ます

また、他の2種類では苦手な深入りも得意としています

豆の細かな変化も感じ取れる玄人向け

 

熱風式焙煎機

 

直接バーナーで炙る直火式と違い、熱風式焙煎機はバーナーで熱した空気をドラムに送り込んで焙煎します

熱風で焙煎するので水分が飛びやすく、直火でないのでコゲの心配も少ない

全体にムラなく焙煎できるのが特徴です

特徴は出にくいが簡単な初心者向け

 

半熱風式焙煎機

 

直火式と熱風式の間を取ったタイプ

基本的に中の構造は直火式と一緒ですが、半熱風式は回転ドラムに穴は開いてなく鉄板で出来ています

バーナーで温められた空気を豆に当てるため安定したカロリー供給ができる

両方のタイプの良い所を取った万能タイプ

 

 

現在の主流は半熱風式の焙煎機が多いと思われます

ひと昔前には直火式が流行っていましたが、この辺は時代の流行り廃りでしょうか・・

コーヒー焙煎機の違いは?

各焙煎機ごとに焙煎方法は違いますが、それぞれの方法にメリットとデメリットがあります

直火式焙煎機のメリットデメリット

直火式焙煎機のメリット
・豆の味や香りが強く出る
・味の変化を付けやすい
・細かい調整が可能
・浅炒りから深入りまで幅広く使える
直火式焙煎機のデメリット
・味を安定させにくい
・コゲや発火の可能性あり

熱風式焙煎機のメリットデメリット

熱風式焙煎機のメリット
・味を安定させやすい
・コゲや発火の危険性が少ない
・豆にムラができにくい
・水分が飛びやすい
・短時間で焙煎できる
熱風式焙煎機のデメリット
・味や香りが飛びやすい
・細かな調整が苦手
・深入りが苦手

半熱風式焙煎機のメリットデメリット

半熱風式焙煎機のメリット
・コゲや発火に強い
・味を安定させやすい
・失敗しにくい
半熱風式焙煎機のデメリット
・深入りは少し苦手
・香りは直火には劣る

私は今までに直火式と半熱風式を使ったことがありますが、やはり直火の方が深入りはやりやすいです

 

ですが、一般の人に人気のある中深入り程度ならば半熱風でも全然いけます

味も毎回安定しますし何より簡単です

 

ただ直火ほど細かい調整はできません

半熱風は鉄板を温めて加熱しているので火力を落としても温度が変化するのに時間がかかるんですよね

 

イメージ的に言えば直火は小回りのきく軽自動車、半熱風は動きが大味な大型タンクローリー

コーヒー焙煎機の手回しってどうなの?

いつか焙煎機を購入したい!と考えていても実際には非常に高価な物なので簡単には手に入らないですよね

 

しかし最近では安価で手に入る手回し式の焙煎機も販売しているようです

 

  • 実際の所手回しってどうなのでしょうか?

 

安価で購入でき、少量の豆を焙煎できるので家庭で使う分には申し分ないかと思います

実際業務用の焙煎機は小さくても1kgとかなので家庭で消費するのには量が多いんですよね^^;

 

んでこっからがダメ出し

 

手回し式ってことは手動です

手回しにしろ自動にしろコーヒー焙煎ではドラムを回転させて豆全体に火がいきわたるようにします

つまりドラムの回転は一定にしなくてはいけません

早かったり遅かったりすると焼きムラがでます

 

手動でできますか?

 

しかも毎回同じ味にするためには前回と同じスピードでやらなくてはいけません

それこそ何十年もその道を究めた人なら可能かもしれませんが普通の人には難しいかと思われます

つまりあまりおすすめできません

まとめ

コーヒーの焙煎機には直火と熱風、半熱風の3種類のタイプがあります

それぞれに長所と短所がありますから自分の目的と合ったタイプの焙煎機を購入しましょう

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報