健康

夏のあせも対策。なりにくい運動方法と予防する服を提案

目安時間 5分


ただでさえ暑い夏、大量に汗をかいてしまうと心配なのがあせもです

特にダイエットのために運動をしたりすると、関節部分や下着の跡があせもになってしまいます

一度あせもになると、掻きむしりや繰り返し何度も再発したりなど非常に厄介です

なってからでは治すのも大変なので、ここで一度あせもの予防法を確認していきましょう

スポンサーリンク
  

夏のあせも対策

私が小さかったころと比べても今の夏は非常に暑い気がしますし、

毎年夏が来るたびに暑さが増しているような気がしますね

もう立っているだけでもだらだらと汗が止まりませんので、そのまま放置しておくと確実にあせもコースです

・大切なのは汗を拭きとること

一見、あせもは汗をかきすぎるからできると思われがちですが、実は汗をかくこと自体は悪いことではありません

あせもの原因は汗の流れる所(汗腺)が詰まることで皮膚に炎症を引き起こします

汗がスムーズに流れているうちは特に問題はないのですが、

汗が流れるうちに皮膚の中の汚れも一緒に流れるので、流れた汗を放置したり、一度に大量の汗をかくと汚れで汗腺が詰まってしまいます

そのため、あせも対策に最も大切なことは汗を拭きとる事になります

人によって多少違いはあれど、あせもが発生しやすい場所は大体いつも同じだと思われます

汗をかいてしまったら、気になる所だけでも良いのでボディシートなどでこまめに汗を拭きとりましょう

運動時のあせも対策

ダイエットや運動不足の解消のために朝夕ジョギングをするという方も多いですよね

とはいえ夏場は暑いので、大量の汗をかいて関節や下着の部分などにあせもができてしまうので辞めてしまう人が多いようですね

たしかに私も犬の散歩にいっただけで汗だくになるので汗をかかないというのは現実的に無理だと思います

スポンサーリンク

・運動の方法を変えてみる

汗が気になるのならば水の中で運動すればいいじゃないか(・∀・)

というわけで夏場の運動には水泳、もしくは水中ウォーキングはいかがでしょうか?

汗かいても速攻流されるので問題ありません(っていうか汗かくの?)

ただしプールなどは塩素があるため、肌の弱い人は荒れる可能性があるので運動後は必ずシャワーを浴びて塩素を洗い流しましょう

また、水着に抵抗がある人などは室内で運動できるスポーツジムがおすすめです

ロッカーがあるので運動後にすぐに着替えられたり、備え付けのシャワーなどアフターケアも整っているのが魅力です

気になるお金の面ですが、市営の体育館ならスポーツジムがあったりしますから安価で場所を提供してくれたりしますよ(うちの近所の体育館は一回300円)

あせもを予防する服装

あせもを予防するために気を付けるポイントは汗を素早く蒸発させることです

吸水性に優れる麻や綿などの素材を使った服装もいいですが、

個人的におすすめなのはユニクロなどで販売されている冷感素材を使ったインナーです

この手の素材は吸水性に優れているだけでなく、素早く水分を蒸発させてくれます

そのため大量に汗をかいてもすぐに乾き、肌を清潔に保ちやすいのであせもができにくくなります

値段も安価なものが多いので2~3着まとめて買っておくと便利だと思います

まとめ

夏場の運動は一度に大量の汗をかくため、どうしてもあせもができやすくなってしまいます

汗をかいたまま放置してしまうと汚れが詰まりやすいので、こまめにふき取ることが大切です

服装は冷感素材を使ったインナーなど、吸水性が高く乾きやすいものを選ぶことで対策することもできます

またどうしてもあせもが出来てしまう場合は、視点を変えてみて水泳や室内での運動など汗をかいても問題ない施設での運動をしてみてはいかがでしょうか?

夏のあせもの原因は?対策と早く治すためにするべきこと

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報