コーヒー

コーヒー豆の保存容器は常温や冷蔵庫で使い分けるべき?

目安時間 4分

スポンサーリンク

コーヒーのいい香りに誘われて立ち寄った喫茶店で飲んだコーヒーがおいしいとついつい衝動買いに走る私

 

何でも勢いから始めるのでロクに調べもせずいきなり行動し始めます

 

もちろん豆なんて何で保存すればいいかなんて知りませんでした(汗

 

保存する容器は瓶がいいの?そのままでいいの?それとも専用の保存容器が必要なのか?

 

それぞれ状況別に適した容器を紹介していきたいと思います

コーヒー豆を保存する容器は?

コーヒー豆の天敵は「水分酸素」です

また紫外線などでも劣化するので保存する容器は密閉式の容器に入れて陽の当らない場所で保存するのが望ましいです

 

ただし、コーヒー豆は焙煎されると内部から炭酸ガスが発生します

焙煎したての豆は大量のガスが発生するので、完全に空気を遮断するような容器に入れた場合容器が破損する可能性がありますので注意が必要です

また、真空パックした場合も同様にそのままですと内部のガスが溜まり破裂します

 

私の場合は100円均一のゴムパッキンが付いているタイプのガラス容器を使用しています

こちらは密閉性が高いですが完全に空気を遮断しているわけではないので丁度いいかなと思います

 

その他にもジップロックなどの密閉性の強い袋などもコーヒー豆の保存に適しています

コーヒー豆の保存を常温でする場合

コーヒー豆を酸化させないように密閉性の高い容器で光が当たらない場所に保存しましょう

スポンサーリンク

湿気や空気が入らないように密閉できるガラス容器などがおすすめです

 

空気に触れて酸化してしまうと変な酸味やえぐみが出てしまうので暗い場所で空気の入らない容器で保存しておくのが良いです

 

どうしても光の当る場所で保管する場合はお茶っ葉の菅筒や専用の容器に保存して光をあてないようにしましょう

 

常温の場合しっかりと保存しておけば1~2週間はおいしくいただけると思います

※個人差はあります

コーヒー豆の保存を冷蔵庫でする場合

冷蔵庫で保存する場合、最も気にするのは臭い移りです

 

コーヒー豆は臭いを吸収しやすいので臭いが移らないように保存する必要があります

ガラス瓶などの密閉性の高いものやタッパー、しっかりと空気を抜いてジップロックで保存するのが良いです

 

特にジップロックはおすすめです

空気を抜いて保存しておけば冷蔵庫の場所を取らないので邪魔になりません

 

冷蔵庫に保存で2~3週間は持つと思います

冷凍庫なら同様の保存で1ヶ月以上は持ちます

 

冷凍豆の保存の仕方はこちらにまとめました

まとめ

コーヒー豆の保存はガラス瓶などの密閉性の高いもので光の当らない場所での保存をおすすめします

完全に密閉してしまうと容器の破損に繋がるので100円均一などの完全密封ではない安い容器で十分だと思います

冷蔵庫や冷凍庫に保存する場合はジップロックだと場所も取らず管理しやすいです

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報