料理

カレーが水っぽくて味が薄い時やとろみが足りない時に試したいこと

目安時間 12分

 

カレーっていざ作ろうとした時に
意外とルゥの量が少なくて水っぽいシャバシャバとした
味の薄いカレーになってしまうことありませんか?

 

 

 

けどもう一度ルゥを買いにスーパーまで走るのも面倒ですし
家庭にある調味料で何とか代用できたらいいですよね

 

 

 

出来るだけどこの家庭にでもあるような調味料で
水っぽいカレーにコクと辛みを出す方法をまとめてみました

スポンサーリンク

カレーが水っぽくて味が薄い時に試してみたいこと

カレーって意外と水の分量が難しいですよね

 

 

 

いつも目分量でざっと作るので

いざルゥを溶かしてみるとシャバシャバの味の薄いカレーに・・

 

 

 

これは水とルゥの分量のバランスが取れていないことによって起きるんですが

レシピ通りに作っていても水分の多く出る具材(ナスとか冷凍物のシーフードとか)

を煮込んでいると予想以上に水分が出てしまって何だかおいしくないカレーになってしまうことがあります

 

 

 

なので単純に味が薄いなと感じたら

普段より多めに煮込んで水分を飛ばしてあげれば自然とカレーの味も濃くなります

 

 

 

ですが、

 

 

 

忙しい夕飯時にそんなに悠長に煮込んでいる時間はない!

 

 

 

もちろんもう一度ルゥを買いにいく時間もない!

 

 

 

となったら既存の調味料で何とかするしかないわけで・・

 

 

 

カレーの味が薄いなと感じたら大切なのはコクと辛みです

 

 

 

コクがないカレーは何だか薄っぺらい味で味に深みがない

 

 

 

辛さは人によって好みが分かれますができればそれなりに辛くしたいですよね

(だってカレーですし)

 

 

 

一番簡単な方法はルゥの原材料となるスパイス類を追加することですが

 

 

 

(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙一般家庭にそんなもの置いてあるか!

 

 

 

そんなわけで一般家庭にあるであろう調味料でカレーに使えるものをご紹介します

 

スポンサーリンク

カレーにコクを出す隠し味

その1:コンソメ

ちょっと味が薄いなと感じた時にコンソメを入れると

味に厚みがでます

 

 

 

カレーがどれくらい薄いかによって分量は変わってきますが

大体1鍋に1~2個ぐらいが丁度いいです(入れすぎるとしょっぱい)

 

 

 

ルゥを溶かした後に入れるとコンソメが溶けにくいので

入れる前に細かく砕いてから入れると溶けやすいですよ

 

 

 

コンソメには牛肉エキスや野菜のエキスがたっぷりと入っているので

少量入れることで翌日のカレーっぽい味にすることができます

 

 

 

コンソメが無い場合には鶏がらスープの素でも代用可能

 

 

 

固形のコンソメと違って顆粒なので味の調整がしやすいのが魅力ですが

強制的に味がチキンカレーになってしまうのが玉に瑕

 

 

その2:焼き肉のたれ

以外かもしれませんがカレーと焼き肉のタレの相性は抜群です

 

 

 

というのもカレーの隠し味の代表といえば

「りんご、ハチミツ、にんにく、ソース」辺りですよね

 

 

 

バーモンドカレーもリンゴとハチミツっていうくらいの鉄板物です

 

 

 

それ、全部焼き肉のたれに入ってます

 

 

 

焼き肉のタレには意外にも果物のエキスがたっぷり入っているんですよね

 

 

 

材料のほとんどがカレーの隠し味で出来ているので

おいしくないわけがない

 

 

 

もう焼き肉のたれじゃなくてカレーの素でいいんじゃないかな?

 

 

 

ただ、これもいっぱい入れすぎるとしょっぱくなるので

味見をしつつ少量づつ混ぜてください

 

 

 

個人的には大匙1~2杯くらいでいいかと思います

 

 

その3:インスタントコーヒー

インスタントコーヒーの素を少しだけ入れると

全体的に味が締まった印象になります

 

 

 

辛いだけでなく少し苦みのある大人なカレーになります

 

 

 

ただあまり入れすぎるとコーヒーの苦みが立ちすぎてしまうので

分量に注意

 

 

 

初めは小さじ1杯程度入れて味見をしながら整えていきましょう

 

 

その4:白味噌

日本食代表というイメージの強い味噌ですが

カレーに入れることでコクを出すのに一役買ってくれます

 

 

 

意外にもカレーと味噌の相性は悪くなく

 

 

 

白味噌を入れると甘くマイルドな味に仕上がり

クリーミーなカレーに

 

 

 

赤味噌を入れるといつものカレーよりも

深くてコクのある濃いめのカレーに仕上がります

 

 

 

ただ、どちらも入れすぎると味が崩れてしまうので

少量づつ溶かして味見をしながら調整しましょう

カレーに辛みを追加したい場合

その1:一味唐辛子

カレーの辛さとはまた違った一味唐辛子ですが

そこまでカレーと相性は悪くありません

 

 

 

単純に辛さを足したい場合には十分ありです

 

 

 

我が家では辛さが足らない時にはもっと辛いジョロキアを入れてますが

丁度良い辛さになっておいしくいただいています

 

 

その2:カイエンペッパー

ごめんなさい、

何処にでもある調味料じゃないですよね(;'∀')

 

 

 

けど好きなんで乗せてしまいました

 

 

 

よくカレー屋さんなどに行ったときに

お好みで辛さ調整にどうぞと置いてあるやつです

 

 

 

カレーの味を邪魔することなく辛くなるので

カレーを辛くしたい時にはベスト

 

 

 

人によって辛さの好みも違いますし

カレーにふりかけるだけでいいので人の好みに合わせて辛さを調整できるのが魅力です

 

カレーのとろみが足りない場合は

カレーの味が薄いということは

恐らくとろみもほとんどないかと思います

 

 

 

ルゥを使い切った後にもう少しとろみがほしいなと感じたら

小麦粉を水で溶いてカレーに混ぜるととろみがついてきます

 

 

 

この時一気に入れると硬くなりすぎてしまうことがあるので

少量づつ分けて入れて丁度良い塩梅を探ってみてください

 

 

 

小麦粉同様、水溶き片栗粉でもとろみをつけることができますが

「カレーライス」にしたいならやっぱり小麦粉の方が良いと思います

 

 

 

というのも片栗粉でとろみをつけた場合、

あんかけのようなとろみになってしまいます

 

 

 

カレーのぼてっとした感じとは何か違うんですよね

 

 

 

カレーうどんのようなものにするなら片栗粉の方が良いかなと感じますが

やっぱりカレー独特のぼてっとした感じを出したい場合は小麦粉

 

 

 

元々カレーの素となるルゥは小麦粉とバターを炒めたものですからね

やっぱり同じ素材を使ったほうが自然な味わいになります

 

カレーが水っぽくて味が薄い時に試したいことまとめ

カレーの味が薄いなと感じたら

コンソメや焼き肉のたれ、味噌やインスタントコーヒーなどを使うとコクを出しやすくなります

 

 

 

カレー独特のぼてっとしたとろみを出したい場合には

小麦粉を水で溶いて少量ずつ混ぜて硬さを調整しましょう

 

スポンサーリンク

    料理   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報