料理

さんまの美味しい焼き方。ガッテン流塩焼きでふっくらジューシーに

目安時間 8分


最近は夏の暑さも少し収まってきてすっかり秋らしくなりましたね

 

秋といえばやっぱりサンマがおいしい季節ですね

 

ふと秋刀魚の塩焼きが食べたくなったのでスーパーで購入して今夜の夕飯に

 

せっかくなら美味しく食べたいのでネットで調べてみると以前、ためしてガッテンで放送されたサンマがパサパサしない焼き方というのがあったので実際に試してみました

スポンサーリンク

さんまの美味しい焼き方

せっかく食べるなら美味しく焼きたい!

 

失敗しないように確実な方法でやりたいな~と思いネットで調べていると以前ためしてガッテンという番組でやっていたみりんを使ったさんまの塩焼きというのがありました

 

さんまの塩焼きをする際、うまく焼き色が付かなかったり黒焦げになっておいしく見えなくなってしまうことがありますが、どうやらみりんを使うことによって丁度良い焼き色に仕上がるようです

 

さらにみりんに含まれるアルコールによってさんまの臭みが取れて、身もふっくらジューシーに仕上がるらしい

 

ためしてガッテン流サンマの塩焼きレシピ

① 魚焼きグリルを予め先に強火で2分温めておく
② サンマを取り出し、一度きれいに水洗いをする
③ 10倍に希釈したみりんをサンマ全体に塗る
④ 塩を適量ふりかける
⑤ 強火で7分、片面焼きの場合は表で5分、裏面で4分焼き上げる
⑥ サンマを皿の上に取り出し、2分間放置して余熱を入れる
⑦ 完成

 

ガッテン流さんまの焼き方を試してみた

というわけで下調べはこの辺にして早速さんまの塩焼きに挑戦♪

 

ガッテンいわく最初に魚焼きグリルを温めておいたほうがいいとのことでスイッチオン

 

そしてさんまを水洗いしてみりんを塗る訳ですが・・

 

ここで思わぬ事態発生

 

台所の流しでさんまを洗っていたわけですが、ちょっとぬるぬるするんですよね

 

ついついそのまま滑って下のビーフシチューに使った鍋の中にぼちゃん

 

ビーフシチューでさんま煮たらおいしいんだろうか・・・

 

さらに続けてみりんが無いことが発覚

 

そういえばみりん使ってるのみたことないわ・・うちの人みりん嫌いだからなぁ・・

 

というわけで急きょ代用でみりんを作ることに

 

みりんの作り方

① 調理酒、もしくは日本酒と砂糖を用意
② てきとうにまぜておわり

てきとうですいません><

 

正確に測ったことがないのですがみりんを使う場合と同量の日本酒に対して小さじ1杯くらいでOKだと思います

 

ここ等へんちょっと予想外だったので慌てて写真取るのワスレター

 

 

ちょっとしたアクシデントがありつつもとりあえず何とかなったので次にお塩!

 

 

てきとーにぱらぱらとふりかけて

 

 

ハケなんてないんでもう手で塗っちゃいます!

 

スポンサーリンク

 

そんなことやっていたら魚焼きグリルもいい感じになっていたのでさんま投入

 

思った以上にサンマが大きかったので奥まで入らないw

 

レシピでは両端に置いてくださいと書いてあったけど置けんがな

 

まぁいいだろとてきとーにななめに入れちゃいました

 

 

そのまま強火で7分

 

ストップウォッチも用意したし完璧( ・`ω・´)キリッ

 

~2分経過~

 

 

この時点で何かもう焼き色付き始めてきたんですけど?

 

後5分とか丸焦げじゃない?

 

火加減間違えたわけじゃないよね?

 

ちょっと怖かったので火力を弱にしてしまった

 

~4分経過~

 

我が家の魚焼きグリルは無駄に高性能で魚が焼きあがったら教えてくれるようになっています

 

まだ4分しか経ってないのにピピピピピと鳴りはじめた!

 

 

開けてみるとこんな感じ

 

あれ?何か予想外にはよくできた

 

ちょっと生じゃないか心配なんだけど・・・

 

まぁ焼けたっていうしちょっとサンマをひっくり返してみる

 

 

ぎゃぁぁぁぁ皮がやぶれたぁぁぁぁ

 

ま・・まぁ1か所だけだからセーフセーフ

 

 

両方ともひっくり返してこんな感じ

 

思いのほかしっかり焼けてる?

秋刀魚の塩焼き味はふっくらジューシーでおいしかった

ちょっと予想外に早く焼き上がりすぎたのでちょっと心配だったのですが出来たのはこちら

 

 

じゃーん!

 

尻尾がちょっとかけているのはお皿に乗せる時にかけてしまった・・

 

まぁ自分で食べるからせふせふ

 

ここでまた一つ失敗

 

大根おろしがなかった(´・ω・`)

 

肝心のお味の方はすごく油の乗りがよくて身がふっくらとしてとってもおいしかった

 

ちょっと早かったので心配でしたが火も中までしっかり通ってて安心(ぁ

 

 

写真で見るとすっごい油ぎっとりなのが分かるw

 

お皿に油がべったりとついてるし身も明らかに油が多いのが分かる

 

スーパーで120円で買ったさんまでこれなら十分すぎるほどよ!

 

身がふっくらしてるのでほぐしやすく骨がとりやすかったのも良かったかな?

 

個人的には大満足の出来でしたw

秋刀魚のおいしい食べ方

ガッテン流のサンマの塩焼きは魚を焼く前にグリルをしっかりと温めておく、魚の表面にみりんを塗るのがポイントです

 

家庭のグリルの火力によって焼く時間はかなり違うようなのでこまめに確認しながら焼きましょう!

 

秋刀魚の温め直しはトースターがおすすめ

簡単かつ皮がパリッっと仕上がりとてもおいしいです

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

ちたけ

ちたけ

前の職業はコンビニの店長 特技は家事全般 趣味はコーヒー焙煎 現在は電気管理の仕事をしながらブログを書いて細々と暮らしています

プロフィールを表示 →

人気記事ランキング
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報